リフォームローン

リフォーム代は 住宅ローンで対応をリフォームローンなどの専用ローンは、通常の住宅口ーンよりも金利面などで不利なケースが多い 。そのため、リフォームは入居後よりも、なるべく入居前に済ませておき、その費用は自己資金で支払うというのが理想だ。 ただし口ーンで払う場合も、 できるだけ頭金で対応して、目減り分を住宅口ーンに上乗せするという借り方がベター。借入額にリフォーム費用を含めて一 括で口ーンを組むことを考えていても、リフォームは入居前に済ませるのがよいだろう。中古住宅購入を後押しする新システム フラット35リノベは、性能向上リフォームを行った中古住宅を取得する際、フラット35の金利から5年または数年間、 0・ 6%下げることができる制度。 「省エネルギー性」「耐震性」 「バリアフリー性」「耐久性・可変性」のうち、いずれか1つ以上の基準に適合する、住宅性能を 向上させるリフォームが対象になる。 適合証明検査機関の検査など、時間と手間が必要だが、他のリフォームローンと比べて金利が安いのは確か。性能向上リフォームをする際には活用したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です