資格W持ちがベスト

ホームインスペクションで住宅のコンディションを把握した後に大切なことは、的確な対処。劣化状態や設備の不備を確認しても、きちんと補修が行われなければ意味がない。ただホームインスぺクターでもトラブルを防ぐことができないケースもある。そのため、調査後でわかった不具合を補修工事まで終わらせたいと考えるなら、建築の設計から工事の監督までできる建築士の資格を併せ持つW資格保有者に依頼する方法もある。ただし、第三者性に欠けることもあり、調査結果を誘導されていないか注意は必要だ。技術や建材の進化が進んだ今、豊富な知識と経験を併せ持つ存在は特に求められている。 それでも料金面が心配という方は、個人経営でホームインスペクションを行っているインスぺクターまたは建築士を探してみるのも手。法人や企業に比べて割安で請け負ってくれたり、細かな相談にも対応してくれる場合もある。その際にも、料金面だけではなく資格、経験、実績を考慮して選ぶことが大切だ。また、きちんと第三者性を堅持できる立場なのかどうかも見極めたい。