内覧会に専門家を同行させる利点とは?

欠陥住宅を購入しないために、引き渡し前(中古住宅の場合は契約前)に行われる内覧会はとても重要な意味を持つ。新築の場合は、注文通りに仕上がっているかや、工事の不備がないかなどを チェックし、中古の場合は経年劣化などの診断をする。仕上げの 傷や汚れ、設備機器の動作、雨漏りなどの確認をするのだが、その 項目は100個以上あり、特に壁や床の傾きなどは素人では判断が難しい。そこで頼もしい助っ人となってくれるのがホームインスぺクターである。ホームインスぺクターとは、プロの住宅診断士。建築や不動産取引に至る知識を持ち、中立の立場で診断を行う。不具合を指摘するだけではなく、補修にかかる予算の見積りもしてくれる ので、中古住宅の場合は、劣化の状態から修繕の時期、費用の目 安を助言してもらえるので、資金計画を立てやすく、場合によっ ては依頼費は、住宅の購入後に大きな不具合が見つかった場合の被害額や心理的ダメージと比較すれば、大きな出費とはいえない。安心を買うつもりでお願いしよう。